2012年02月26日

<再掲>“おまとめ”の必要はありません

(本記事は“WebGメン”に2004年5月31日から7月下旬にかけて掲載・追記したものをブログ化しました)

<1通目>
Received: from . (***.**.**.**.ap.yournet.ne.jp [61.44.14.119])
by rcpt-impgw.biglobe.ne.jp (nkrw/4717090404) with SMTP id i4V1XQV19885
for =?ISO-2022-JP?B??=<2008年3月までのBIGLOBE公式アドレス>; Mon, 31 May 2004 10:33:26 +0900 (JST)
Date: Mon, 31 May 2004 10:33:26 +0900 (JST)
To: =?ISO-2022-JP?B??=<2008年3月までのBIGLOBE公式アドレス>
From: ******@***.117.ne.jp
Subject: 未承諾広告※ ご融資情報

(本文)
<送信者>
オフィス  トライトン
新宿区**町*-*
TEL 03-5***-**** 今後配信を希望しない場合  ******@***.117.ne.jp 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      30日間無利息キャンペーン実施中
    キャッシングの事なら ***にお任せください

  新規契約のお客様は、全員30日間無利息でご融資
おまとめローンは、大きく金利を下げていますので、毎月の支払い
をぐっと楽にいたします。 おまとめローンは大変お勧めです。
ttp://****.ciao.jp/ 
携帯から  ttp://****.ciao.jp/i/ 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
(ここまで)

…“謎のローン会社”でも触れてますが、
http://spamgmen.seesaa.net/article/254197989.html
こういう宣伝の仕方はやめましょうよ。みんなが借金してる訳じゃないんだし、疑われますよ。リンク先の業者は都知事認可済みですが、一応名前を伏せてあります。ただしメールに事業者名が書いてなかったのでデ通協・フリービットに連絡しました。

≪04/7/28追記≫送信者名は当初伏せてましたが、名前を出しました。というのは、こんなページを見つけたからです。

*ウェブ版『検索マニュアル』第一部 電子時代のマナーと倫理 電子メール事例集
http://spamgmen.seesaa.net/article/254197989.html

山形大学の先生あてに来たスパムの一部を紹介してますが、その中に“オフィストライトン”から送られてきたローンがらみのスパムがありました。この“オフィストライトン”はこうしたスパムを専門にしている業者のようです。“新規契約者は30日間無利息”やciao.jpを使ってる点も共通してました。

<2通目>
Received: from . (**.**.**.**.ap.yournet.ne.jp [61.44.14.34])
by rcpt-impgw.biglobe.ne.jp (nkrw/4717090404) with SMTP id i6EBW0G11140
for =?ISO-2022-JP?B??=<2008年3月までのBIGLOBE公式アドレス>; Wed, 14 Jul 2004
20:32:00 +0900 (JST)
Date: Wed, 14 Jul 2004 20:32:00 +0900 (JST)
To: =?ISO-2022-JP?B??=<2008年3月までのBIGLOBE公式アドレス>
From: ********@members.interq.or.jp
Subject: 未承諾広告※ ご融資・サマー キャッシング キャンペーン

(本文)
[ 送信事業者 ]
******・アド企画
豊島区****-**-*
今後配信を希望しない場合 ********@members.interq.or.jp 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  30日間無利息キャンペーン実施中
 キャッシングの事なら、**********にお任せください
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
             
       サマーキャッシング・キャンペーン
   新規契約のお客様は、全員30日間無利息でご融資
   毎月、抽選で3万円のキャシュバック プレゼント

おまとめローンは、大きく金利を下げていますので、毎月の支払いを
ぐっと楽にいたします。
長期的に返済が出来ますので、事業資金としてもご活用ください。

          ↓こちらからどうぞ↓
ttp://www.***.*****.jp/  
携帯から     ttp://www.***.*****.jp/i/ 
(ここまで)

…“送信事業者”になってるけど、ローン業者の名前が書いてないと意味がないのは上で触れたとおり。送信ルートのIPアドレスから同一宣伝業者の可能性もあります。でもって宣伝されてるHPのアドレスも1通目と違いますが、記載されているアドレスのサイトからローン業者のサイトに転送する仕組みになっています。いずれにせよ融資してもらう必要がないので(?)、今回もデ通協行き。


posted by はるまき at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 貸金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。