2011年09月27日

怪しい新華社広告Again

以前、偽ブランド品の広告スパムをよこしたところですが、
http://spamgmen.seesaa.net/article/215647603.html
もちろん新華社とは何の関係もありません。

<未報告>
Received: from 175.100.31.47 (HELO casper) (175.100.31.47) by mta576.mail.kks.yahoo.co.jp with SMTP; Tue, 27 Sep 2011 06:56:26 +0900
From: ismfuezqffvxqfav@yahoo.co.jp(実在しません)
To: @localhost(不明。以前公開のヤフーアドレス着)
Subject: ブラックでも作れるクレジットカード?

(本文)
世界中のVISA提携店、インターンネットショッピングで使用ができ、
日本国内のコンビニ、銀行はもちろん、世界中のATMで現金の引き出しが
可能です。
詳しくは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ttp://dh1apmf7wpoa.info/devi/

審査は、パスポートの提出のみですからパスポートを持っている人なら
どなたでも発行可能!
手続き後、3週間前後でお手元に米国から直送いたします。
詳しくは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ttp://dh1apmf7wpoa.info/devi/

■海外銀行口座を日本にいながらにして取得?

米国のインターネット銀行 Libertadbankの銀行口座を日本にいながら開設可能
です。通常、米国内の銀行口座は米国に住んでいることが条件となりますが、
当社が代行して手続きを行い、日本にいながら簡単に開設できます。
必要書類はパスポートのみ。口座は、日本のコンビニや銀行、ゆうちょなどで
使用可能です。
詳しくは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ttp://dh1apmf7wpoa.info/devi/

○海外投資(FXなど)の管理口座に使用したい!
○円高の今、ドルを買って海外に資産をおいておきたい!
詳しくは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ttp://dh1apmf7wpoa.info/devi/

・・・・・・・・・・・・・・・
新華社広告
・・・・・・・・・・・・・・・
ismfuezqffvxqfavtypykschptolxcc
(ここまで)

…幸いな事に、誘導先は9月27日23時1分時点で“Not Found”となっていました。なお、リベルタード銀行は、アメリカ・テキサス州の州都オースティンに実在する地方銀行です(ネット専業ではありません)。
http://www.libertadbank.com/

大きな地図で見る

いくつかホームページで調べたところ、VISAデビット機能というのがあり、これでネット決済などができます。
http://www.visa-asia.com/ap/jp/merchants/productstech/visadebit.shtml(VISAジャパン公式)
http://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/useful.html(一例として楽天銀行の場合)
また、VISAまたはPLUSマークのあるATMで現地通貨の引き出しができるとか。
http://www.visa-news.jp/cu/atm_info.html

で、リベルタード銀行のキャッシュカードにこの機能がついている、とホームページで謳っているのですが、
http://debit.bhicoach.com/profile.html(スパムとの関係は不明。ちなみに48000円かかります)

リベルタード銀行のサイトにその旨の記載はありませんでした。

じゃあ銀行の方で日本語で対応してくれるのかという事になりますが、有人店舗はオースティンの本店だけみたいなので(日本から直行便が飛んでるわけでもなく)、

期待はできないでしょう。

どうしてもというなら、三菱東京UFJ銀行の“カリフォルニアアカウント”というのがあるのでそちらをお勧めします。
http://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/index.html

また、海外口座紹介詐欺というのがあって、
http://blog.goo.ne.jp/tantei-tiu/e/04ff20ac67ed7edd543445816b25de78(“こちら探偵社”さん)
英語ができない事に付け込んで口座開設方法を教える時に暗証番号や個人情報も聞き出し、入金を確認したらごっそりイタダキ、という展開になる可能性もあります。

でも、ここ最近の世界経済の動向をみると、“海外口座で資産運用”というのが甘い幻想のような気がします。仮にアメリカの国債が返済できなくなったら、その余波で破綻する可能性も無きにしも非ずですから(世界中が混乱するかも)。儲かるからという理由で、安易に素人が手を出すとやけどをしますので十分注意しましょう。


posted by はるまき at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。