2011年02月25日

“縦読みスパム”は昔から

ちょっと前の話ですが、ドイツのアビラ社は2月15日、メールに書かれた英文を縦読みすると「VIGRA(バイアグラ「VIAGRA」の誤り)」や「CIALIS(シアリス)」といった医薬品名が現れる迷惑メールが出回ってるので注意してほしいと呼び掛けています。

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110218/1030305/(日経PCオンライン)
http://techblog.avira.com/2011/02/15/new-types-of-online-pharmacy-spam/en/(アビラ社・英語)

縦書きにするのは迷惑メールフィルタに引っかかりにくくするためと言われていますが、縦書き先進国(?)のアジア圏においては、かなり前に似たようなのが出回っていました。

というのは2006年の秋に、“タクミ通信”というスパマー集団がいて(その後逮捕されています)、そこが出会い(ない)系サイト呼び込みのスパムを数通送信していたからです。

http://spamgmen.seesaa.net/article/26538887.html(一例その1)
http://spamgmen.seesaa.net/article/26712662.html(その2)

単に人目を引くだけかと思ったら、こういう理由もあったんですねぇ。


posted by はるまき at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。